ひとりごとと

日々の暮らしと、気になったことについて

力を出し切る

職場の先輩のご家族が倒れて、今週いっぱいお休みになった。

 

いつもより1つ仕事が増えて、

よしやるぞと思ったところで、トラブルの連続。

 

1つずつこなして、

なんとか週末を迎えられるところまで持っていった。

 

帰りの電車の中で本を読もうと思ったけど、

全然頭に入ってこない。

その内あくびばかり出るようになって、

身体が重くなってきた。

満員電車でたまたま目の前の席が空いたので座ったらそこから、意識がない。

 

気がついたら降りる駅に着いていた。

起き上がるとふらふらして、足元もおぼつかない。

前に座っていた人が私のことをジロジロ見るもんだから、

大いびきでもかいていたかもしれない。

恥ずかし…^^;

 

よっぽど気を張っていたんだと思う。

終わった、という安心感で脱力した。

こんなにどっと疲れたのは久しぶりだったし、

"疲れた"という感覚を味わえたのも久しぶりだった。

 

今日は早く寝よう。