ひとりごとと

日々の暮らしと、気になったことについて

食べるものが変わってきた

 

f:id:takako-photo:20190128225856j:image

鍋ごと抱えて食べたいくらい

 

一人暮らしを始めてから2ヶ月が過ぎた。

自炊にもすっかり慣れて、

友達とご飯を食べに行く時以外は

ほぼ毎日自分で作るようになった。

好きなものを食べられるのは嬉しい。

お弁当も、好きなものを好きなだけ詰めて持って行っている。

 

実家にいた時は、何を食べていたんだろう。

家を出てから食べるものが変わったかどうか、

振り返ってみた。

 

食べなくなったもの

  • 牛肉
  • 牛乳
  • 乳由来のヨーグルト
  • 生魚
  • パスタ
  • 小麦粉
  • バター

 

食べるようになったもの

  • 豆乳
  • 米粉
  • フォー

 

食べなくなったものは、"なくても困らない"もの。

アレルギーはないので小麦も、乳製品も食べられるけど、

どうしても食べたいわけじゃないから、

買わなくなった。

今これを書いていて気づいたけど、

パスタを2ヶ月食べてない。

実家にいた時は、週に1回は食べてたんだけどな。

あ、そうだ。こないだ蒙古タンメンは食べたね。

 

www.takako-photo.com

 

代わりに食べるようになったのが

米、米粉、フォー。

そう、お米。

お米が美味しいー。

そう感じるようになった。

鉄鍋で炊いてるからかな?

 

写真は鉄鍋をくれた友達がお誕生日にくれた

鮭の炊き込みご飯の素。

これが美味しくて美味しくて。

炊きたてを2膳食べて、ぐっと我慢。

残りは小分けにして冷凍して、

お弁当に詰めて持って行っている。

 

お弁当を開けるたびに

この鉄鍋の蓋を開けた時のことを思い出して、

ニヤニヤしながらご飯を食べる。

おかげでお昼ごはんが楽しみになった。

 

海外に行くわけではないし、

場所が変わっても食べるものはそう変わらないと思っていたけれど、

食べなくなったものが思ったより多かった。

今はなんでも自分で選べる環境にいるから

いらないものは買わない、家に置かないようにした

結果なんだろうね。

 

最近いろんなものに、サヨナラしてるなぁ。