ひとりごとと

日々の暮らしと、気になったことについて

本が読めるようになった 前編

大の読書嫌いだったのに、

本を読むのが楽しくなってきた。

なぜそうなったのか、思い返してみる。

 

子どもの頃から、本を読むのが苦手だった。

文字が蟻の行進にしか見えなくて、

目で追うのが退屈で仕方なかった。

 

同じ行ばかり読んでしまうし、

前に読んだ内容を忘れてしまう。

本て何でこんなにつまらないんだろうと

いつも思っていた。

 

小学校の読書感想文も、あとがきだけ読んで

テキトーに書いて提出していた。

それ位、活字に触れるのが嫌だった。

 

代わりに、ファッション雑誌や漫画をよく読んだ。

絵画集や空、海の写真集も好きだった。

とにかく文字が少ないものを選ぶようにして、

絵の色味や写真の光の加減を目で見て楽しんでいた。

 

大人になってからもやっぱり本は苦手で、

"今年こそ年間〇〇冊読破!"と

無謀な目標を立てては挫折。

(挫折どころか本に手をつけてもいない)

私は子どもの頃から本を読んでいなかったし、

きっとこれからも読めないんだろう。

もういいや。

"本を読めない人"でいこう。

そう思っていた。