ひとりごとと

日々の暮らしと、気になったことについて

朝ごはんを食べるのをやめた

朝ごはんを食べるのをやめた。

食べなくても良いということにした。

 

前の日の晩は20時か21時頃に夕食を済ませて、

朝は6時から7時の間に起きている。

食べていない時間はそこそこ作っているつもりだけど、

次の日の朝になってもあまりお腹が空かない。

うーん、何でだろ。

 

"1日3食"

"規則正しく"

"朝ごはんは大事なもの"

"食べた方が良い"

 

そんな情報がなんとなく頭の片隅にはあるんだけど、

お腹が空かないから、食べる気になれなくて。

 

よし。

だったらもう、食べるのをやめちゃおう。

 

それからは、

朝起きたら陽の光を顔にピカーっと浴びて、

お湯だけ飲んで、出かけるようにした。

 

途中でお腹が空くかもしれないと思ったけど

結局お昼前までお腹は鳴らなかった。

頭がぼーっとすることもなかったから、

今は朝ごはんは要らないのかもしれない。

 

無理して、食べるものじゃないもんね。