ひとりごとと

日々の暮らしと、気になったことについて

引っ越ししたけど買わなかったもの

引っ越してから買おうと思っていたけど、結局買わなかったものがいくつかあるので、今日はそれについて。

 

炊飯器

置く場所がないかもしれないと思って買わなかった。ご飯は16cmの鉄鍋か26cmの鉄のフライパンで2合分まとめて炊いて、冷凍している。本当に鍋やフライパンでご飯が炊けるのか心配だったけど、やってみたらなんだ、全然難しくなかった。お米を研いでお水に浸して30分。あとはそのまま火にかければ10分ほどで炊き上がる。慣れてきたら白米だけじゃなくて、雑穀米にしたり、炊き込みご飯にしたり。アレンジも自由にできるようになる。何より、鉄で炊くご飯のまぁ、美味しいこと。鍋から出る湯気の香りを、わざわざ嗅ぎに行ったりして。早く炊けるのも嬉しいね。

この調子だと、炊飯器はなくても良いかも。

 

加湿器

ワンルームだし、濡れたタオルをぶら下げておけば大丈夫だろうと思って買わなかった。結果、本当に大丈夫だった。濡れたタオルを少し多めに干しておけば、部屋の湿度はみるみる上がる。

うーん。買わなくても良いかなぁ。

 

掃除機

元々掃除機の大きい音が苦手で、買わなかった。床に落ちた塵や髪の毛、エアコンのフィルターにホコリが溜まってるのを見るとあ〜吸い取りたい!と思うこともあるけど、ホコリは摘んで捨ててしまえばそこまでは困らないかな。フローリングの掃除には棕櫚の箒を買って使っている。こちらについては、また別の機会に。

 

各種マット

キッチンに敷くマット。トイレに敷くマット。バスマット。どれも買ってない。勝手な妄想で、マットを濡らすと、その下の床で何かが起こってるんじゃないかと思ってしまう(何がだよ)。めくって中をそっと見るって行為がもう、なんか怖いのよね。だからもういっそ使わないことにした。バスマットはバスタブの中で足を拭いてから出るので、床が濡れる心配はなし。

 

ステンレスの大鍋

一人分を作るのは難しいからまとめて沢山作って冷凍しようと思っていたけれど、一人用の冷凍庫なんてストックがそんなに入らないことに気づいて、買うのをやめた。何より、一人分を作るのが実はそんなに難しくなかった…ただの思い込み。

 

テレビ

元々テレビを見る習慣がなかったので、買わなくても良いかなぁと思っていた。当たり前だけどテレビがないと、見事に情報が入ってこない。この間家族が「全日本見た?」と連絡してきて、初めて全日本フィギュア選手権をやってることを知った。最近はSNSも見てないから…ううむ、すっかり浦島太郎状態。それ以来、スマホのエンタメニュースぐらいは見るようにしている。

 

ボウル

これはまだ買おうか悩んでるもの。今はサラダスピナーの底で代用していて、これがサイズといい軽さといいなんだかちょうど良い感じなので、このまま使ってる。ざるがないのでお米を洗う時はそー…っと。お米をこぼさないように手を添えたりして。ざる買うのが先か!

 

ナイフとフォーク

ナイフは果物ナイフで代用。フォークはうーん、使うシーンがないのよね。全部お箸で済ませてる。あとバターナイフが欲しいな。パンにクリームチーズを塗るの、フルーツナイフじゃちょっと難しかった笑。

 

ランチョンマット

欲しいー!けど良いのが見つからない。無印のオーバル型のラタンのやつが欲しかったんだけど、人気だったみたいで売り切れ。買えなかった。同じようなのをネットで物色中。今は母校のバザーで買った生成りのコットンの布で代用。

 

食器置き場

悩み中。食器棚を買うより、いっそラタンの箱を買ってきてその中にしまおうか。枚数も今の所は一人分で済んでるので。

 

うん。なんとかなってるぞ。

そこそこ不自由なく生活できてるから、もしかしたらこのまま買わないかもしれない。

うまく工夫して代用できるものがあれば、それでうまく暮らせていれば、それでも良いのかもしれない。

 

頭を使う日々です。