ひとりごとと

日々の暮らしと、気になったことについて

ジムと腸ファースト

ジムに入会した。

頭ばかり使ってるから、

カラダも使うようにしたい。

体と心のバランスを整えていこうと思う。

 

自分の性格上、

始めたらちゃんとやらなきゃ!と思ったり

高い理想を掲げすぎて挫折することが多いので

 

初めは行って、少し歩いて、

帰ってくるだけにした。

通いやすい場所にジムがあることも、ありがたい。

 

少しでも腸に、

脳に、

最終的にはカラダに

良い血を送ってあげられるように

励みたい。

 

最近は腸に関する本ばかり読んでいて

腸を労わる"腸ファースト"な生活を

しているもんだから、

腸への愛着がすごいのよ…笑。

 

おかげでストレス過食も、

前より少しおさまってきた。

 

腸内細菌がいるから

"生き物"が住んでいるわけだけど、

だんだん可愛くなってきたね。

 

名前でも付けるかなぁ。

なんだろう。

TAKAKO CHOU?

日系の人みたいじゃん。

 

腸内フローラだから、ハナコかなぁ。

私が産まれる時付けられる名前の候補が

ハナコかタカコだったの。

 

名前なんかつけたらますます

カラダに悪いものたべなくなるね。

 

ハナコのためだから…とか言いだすよ、きっと^^

 

カラダ・フロム・レター

お食事中の方は、ごめんなさい。

これから便の話をします…!

 

腸内細菌が脳に信号を送っていて、

脳の働きが心の動きに影響しているかもしれないことを本で学んだ。

腸内環境を整えたら、

脳に送る信号も変わるかもしれないことを

期待して以来、自分の腸を使って実験している。

 

"便はカラダからのお便り"=

"カラダ・フロム・レター"と言った

腸内細菌の研究者、辨野先生の本によると、

 

腸内の善玉菌を増やすには

  • 人の体に良い影響を与える微生物を

       含んだ食べ物を積極的に摂ること

  • お肉を控えめにして、食物繊維をたくさん摂ること

が大事なのだそう。

 

微生物を含む食品といえば、発酵食品。

食物繊維といえば、野菜。

 

この2週間、ぬか漬けや納豆などの発酵食品と

野菜を毎日しっかり摂って、

タンパク質は主に卵と魚から摂るようにしたら

どうなるかさっそく実験。

そしたら、面白いことが。

 

まず、お便りの色がどんどん明るくなる。

お肉を多く摂れば摂るほどお便りの色は暗くなり、黒色に近づいていく。

悪玉菌が力を発揮している証拠で、

匂いも強くなっていく。

逆に善玉菌が力を発揮し始めると、

お便りの色はどんどん明るくなり、

匂いもしなくなる。

 

確かに、色が変わってきた…

しかもなんとびっくり、

無臭。

 

小学生の頃から、

うんちはくさいものっていうのが

定説だったじゃん。

くっせー!って言いながら喜んでた(?)じゃん。

絵で描くときも、茶色の巻き…

描いてたじゃん。

 

あれは何だ…

悪玉菌優位の排泄物だったのか笑。

 

辨野先生が"お便り"と呼んでいるのは、

腸の中が今どうなってるかを、

お便りが教えてくれるからなのね。

 

目で見て体内の健康状態が分かるから、

とっとと流さず、お便りだと思って

まずはチェックしてみましょうということなんだね。

 

こうやって食べたものが腸内を整えて、

その結果が最後にお便りとして送られてくると

考えると、

なるべく体に良いものを入れたいなぁと思った。

体の中がどうなってるかは、

自分じゃ覗けないもんね。

 

体に良いものを摂って、

腸内を整えて、

結果的に体も健康になる。

 

この図式だ。

 

まさに、"ヒトは、食べたもので出来ている"

ってことを、改めて学んだのでした。

 

大便革命 腐敗から発酵へ (幻冬舎新書)

大便革命 腐敗から発酵へ (幻冬舎新書)

 

 

 

心療内科

今日は心療内科に行ってきた。

 

パニックの傾向があるとは言われたけど、

私は電車に乗る時や、途中で席を立てないような場所に行った時だけ

震えや動悸が出たり、冷や汗が出たりするから

障害まではいかないみたい。

障害になると何もない時にも症状が出るそうなので、

なるほど、それはなかったなぁと。

 

日によって、急行に乗ってみたり、

ちょっと混んでる電車に乗ってみたり。

気持ちが落ち込んだらノートに書き出したり。

 

あれこれ試しているのは、すごく良いですね!

と言われた。

 

そうなのだ。

落ち込みキャリアは長いから笑、

なんとかしようと思って今まであれこれ試してきた。

今回もそう。

薬にも頼りたくないし、

先生に治してもらおうとも思ってない。

時間をかけてでも、自分の力で治りたいのだ。

 

先生によると、

試していることはトンチンカンではないみたいだから、ホッとした。

一度話を聞いてもらうだけでも、

だいぶ安心するね。

 

あとはもう、自分が一番過ごしやすい状態に

自分を持って行くだけだ。

頑張らない程度に、頑張るか(難しいぜ)

 

先生と話していたら、

パニックよりも、食事の摂り方の方が気になると言われた。

結構ムラ食いをするタイプで、

食べる時はお腹がパンパンになるまで、

食べない時はどんどん痩せてしまう。 

 

元々持ってる気質が不安定になった時

パニックや食事に出てくるということが

分かったので、

少し意識してみてくださいとのこと。

 

一日三食に戻すか…

 

ゴールは

"心身ともに健康になること"じゃなくて、

"健康体で人間活動すること"。

 

お勉強して、

ものづくりして、

カラダづくりをする。

 

続けていこう。